システムトレーディングの知識がなければ、初心者はだまされてしまう

結論
ここまで読んでいただいて、果たして、これが最高のシステムと呼べますか?
今紹介したシステムは、極端な例です。

中には、堅実なシステムを謳っている商品もあります。
ですが、そういったシステムも危ないのです。
なぜなら、自分でシステムを組むことができない初心者は、購入したシステムの優位性を知ることができないからです。

たとえばその商品が、dmiを使ったデイレンジと中期レンジを使ったシステムだったとします。
「最近二年間で、負けなし。ドローダウンも低く、利益率も高い!」
と謳っていたとします。
ですが、それは最近二年間の話であり、今後どうなるかは誰にもわからないのです。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=16282

株価の動き方にはパターンがある。


http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=16282


自分でシステムを組めずシステムの検証も行えない初心者トレーダーが
システムが使えなくなったことに気がつくのは、大きな損を出して相場から撤退するときです。
日本では、こういった、粗悪なシステムがたくさん売られているのです。
しかし、システムトレーディングの知識がなければ、初心者はだまされてしまう。
こういった粗悪なシステムにだまされないためにも、
自分でシステムを組む能力・システムトレーディングの知識を身に着けておく必要性があるのです。

わかっていただけたでしょうか。
はじめの疑問にお答えさせていただきます。
「自分でシステムを買ったほうが楽じゃないの?」
楽だからといって、リスクを背負いこむのは得策ではありません。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=16282

───────────────────
◆100時間・動画FX教室 今日の講座
───────────────────
http://www.dougadewakaru.com/freebook/trade/movie/market_kabusiki_pub/publish2/0-8a/0-8a.html
株式投資をするときの心構え(13分)   

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=16282

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。