懸命な投資家はしっかり利益を上げています

「不謹慎な話だけれども、9.11NYテロの日、僕はシステムを切った。その代わりに、テレビをつけた。
旅客機がワールドトレードセンターに突っ込む映像をテレビは何度も繰り返し流していた。

『今がボラティリティの高い瞬間であり、ポジションを持つ絶好のタイミングだ』ってことは、
わざわざシステムに言われなくてもわかったよ」

2006年にライブドア強制捜査が入ったときも同様で、あのとき空売りをしていた人はしっかり儲けています。

B.N.F.さんという投資家は、ライブドアショック時にもしっかりと20億円の利益を上げています。
2007年8月、サブプライム問題のときも同様に、懸命な投資家はしっかり利益を上げています。

ですが、そもそも、初心者はそういった場面で相場に参加するべきではありません。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=16282


高すぎるリスク
さきほどのポジション、(1000万円でドルのショートを100倍レバレッジ全力買い)で、
奇跡的にドルが1日で10円あがれば、1000%を達成し、一億円にすることはできます。
しかし下に1円下がれば、その時点で投資資金1000万円の全額を失います。
そして、下に一円下がることは、上に10円上がるよりも高い確率で起こりえます。
さらに運悪く、ドルが下に10円動けばどうなるかわかりますか?

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=16282

───────────────────
◆100時間・動画FX教室 今日の講座
───────────────────

http://www.dougadewakaru.com/freebook/trade/movie/market_kabusiki_pub/publish2/0-7b/0-7b.html ?  (6分) 

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=16282


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。