ひまわり証券でFX

ひまわり証券は、1998年にFX(外国為替証拠金取引)を
日本で初めて取扱開始したパイオニア企業です!

ひまわり証券が選ばれ続ける理由は、
★手数料0円・高水準のスワップ金利・証券会社でFX預かり残高No.1※★

※(株)矢野経済研究所「2007年版外国為替証拠金取引の動向と野望」より


1・ひまわり証券のオンライン手数料は0円!!
ひまわり証券が一般投資家の方々に選ばれる最大の理由は、
取引手数料が無料だということ。
「もっと気軽に取引がしたい」そんな声にひまわり証券は応えます。
手数料が0円なので、余分なコストを抑えることができます。



2・ひまわり証券のスワップ金利は、高水準!!
毎日資金が増えるヒミツは、スワップ金利にあります。
スワップ金利とは、2カ国間の金利差のこと。
ひまわり証券のスワップ金利で、たくさん儲けよう!!
※高金利通貨の売り手や通貨ペアによっては、金利差を支払う必要
があります。




3・ひまわり証券は、証券会社でのFX預かり残高 No.1 ※
ひまわり証券はJASDAQ上場会社(ひまわりホールディングス:8738)
の100%子会社です。
1998年に、国内初の個人投資家向け外国為替証拠金取引(FX)を提供したパイオニア企業で
歴史と実績が違います。さらに、お客さまのご資産は「信託保全」をおこなっていますので、
より安心できる環境でお取引いただけます。

※(株)矢野経済研究所「2007年版外国為替証拠金取引の動向と野望」より

ひまわり証券の日経225mini
もあります!
         ===================================================
<ひまわり証券でのお取引における注意事項>
●ひまわり証券の外国為替証拠金取引(以下「マージンFX」と記載します)は
外国為替レートの変動によりお客様が損失を被るリスクがあり、投資元本が
保証されるものではありません。
●預託する証拠金額に比べ大きい金額の外貨の取引ができるため、マーケットの
変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、また状況によっては、損失が預託した
証拠金額を上回る危険性があります。
●マージンFX」の取引手数料は、通常口座・デイトレ口座ともに、オンライン
注文の場合、無料となっております。ただし、電話注文の場合、取引通貨ペアにより
1通貨単位当たり最大10ポイントの手数料ポイントを約定価格に織り込み、
取引手数料相当額として徴収します。
(約定価格に織り込まれるため、外枠の取引手数料としては発生しません。)
●提示価格及び取引価格にはスプレッドといって売値と買値に差があります。
●マージンFXの証拠金はおおよそ約定代金の5%(デイトレ口座1%)に設定されて
います。また、その証拠金は為替レートにより変動します。(例えば、為替レートが米ドル/円が1ドル=110円の場合、米ドル1万通貨単位あたり、通常口座で55,000円、デイトレ口座で11,000円となります。)
証拠金につきましては、ホームページの詳細にてご確認ください。
●デイトレードとは新規ポジションを作った同日中に反対売買し決済する事です。
●取引時間表示にはメンテナンス等に有する時間は除きます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。